2022年7月 活動報告

7/16 三つ峠ネットワークの例会作業を実施しました。
当日は山梨県山岳連盟の自然保護委員のメンバーの方々にも参加して頂きました。
午前中はあいにくの雨。当初の柵の補強作業から切り替え午後は鹿柵嵩上げの材料づくりを山荘内で行いました。
午前中の作業中に木無山柵内に鹿が侵入した痕跡が見つかりました。幸い目立った食害はありませんでした。
嵩上げ済みの箇所でしたが、歩いた痕跡をたどると柵周辺の立木をよじ登り中に侵入していることが分かりました。
利用している立木の枝を払い、侵入経路を潰しました。
鹿の活動も相変わらず活発で、柵外の植物が乏しくなると、様々な手段を使い柵内へ侵入しようとしています。
対策を講じていますが、依然として油断なりません。

また今年は三つ峠山域全体で各花の盗掘や踏み荒らしが多く、人為的な被害もやはり問題となっています。
環境省より貸して頂いた監視カメラを設置し、監視体制を強化してあたっています。

現在新規の防鹿柵の設置も計画しており、出来る限り現存の植生を守れる体制を維持していきます。
8月の例会は20日(土)となります。植生の保護にご興味のある方はぜひともご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。